2016年9月12日月曜日

呼吸をあわせるー根岸芳郎の絵画「16-5-14」2016年

第四十六回「呼吸をあわせる」

根岸芳郎 「16-5-142016年 アクリル キャンバス 220×370cm
「在る表現—その文脈と諏訪 松澤宥・宮坂了作・辰野登恵子・根岸芳郎」展(茅野市美術館)に展示

              根岸芳郎 「16-5-142016

演劇での優れた演技は、演技していることを感じさせない。演劇を見ているわたしが、同じ時間と空間を演技者と協奏してつくりだしている気分になる。
優れた絵画も同じではないだろうか。

茅野市美術館の高い天井の展示場には、根岸芳郎の絵画がよく似合う。1992年から2016年までの絵画が6点展示されていた。
今年制作の「16-5-14」の前に立つと、絵画のなかに、いつのまにか、静かにひきこまれていく。

奥行き方向でも横方向でも色彩のフィールドは切れ目なく連続している。5メートル程度離れて立つ。連続したフィールドが連なった絵画の全体がX型を繰り返して組み立てられていることがおぼろに見えてくる。
近づくにしたがって、X構造は見えなくなる。かわって、色彩のフィールドが揺れ始める。
50センチメートルまで接近すると、わたしの視野の中央と周縁の距離が広がって、瞬きするごとに視野が、奥行き方向でも横方向でも、収縮と拡張をし始める。思わず息をのむ気分に襲われる。いつもは意識していない呼吸を意識してしまう。
意識するのは一瞬だ。すぐにわたしは、いつもと同じように、自分が呼吸をしていることを忘れる。収縮と拡張の絵画の呼吸は徐々に緩やかになる。微風に揺れる樹木に囲まれているかのようだ。絵画に同調し、絵画と協奏する。わたしの時間と空間がゆっくり揺れ、絵画の前に立っていることさえも忘れてしまう。

浦上玉堂の「凍雲篩雪図」(川端康成記念館)を初めて見たときの気持ちを想いだす。

                浦上玉堂「凍雲篩雪図」

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの良く知られた彫刻「聖女テレジアの恍惚」のテレジアのような精神状態に陥っていたといってもいい。

             ベルニーニ「聖女テレジアの恍惚」

根岸芳郎の絵画は、呼吸を共有させ、いままで味わったことがない感情を経験させる。
いつまで見ても見飽きないとは、こうした根岸芳郎の絵画のことだ。見ていることさせ意識させなくなるのだから。
(はやみ たかし)

※次の展覧会から取材しました。

「在る表現—その文脈と諏訪 松澤宥・宮坂了作・辰野登恵子・根岸芳郎」展 茅野市美術館 201687日〜911

2016年7月11日月曜日

牛膓達夫「うちまわり」 αMプロジェクト2016 トランス/リアル—非実体的美術の可能性 Vol.2 牛膓達夫

inter-text 見ることの誘惑 第四十五回

※このテキストは人形町ヴィジョンズ「メールマガジン」6月号(2016年6月11日発行)に掲載されました。
 あらためて「見ることの誘惑」に採録しました。
※次の展覧会から取材しました。
「αMプロジェクト2016 トランス/リアル—非実体的美術の可能性 Vol.2 牛膓達夫」
 キュレーター;梅津元、ギャラリーαM 2016528日~72

<沿う、ずれる>
 牛膓達夫「うちまわり」 2016年 鉄 アクリル


壁から垂直に立ち上がる小さな三つの矩形。矩形に接して壁に貼りつけられた三つの黄色の円板。そして、3分の2の線状の三種類の円環が三つの矩形に接して巡らされている。

三種類の円環は、矩形の内側の「角」、矩形の「外側」、矩形の「上側」に接して3分の2の円環を形成している。まず、「角」の円環が反時計回りに動いていると見える場合には、「角」の円環の終点から「外側」の円環が反時計回りに始まる。
それの終点から「上側」の円環が始まって「角」の円環の始点で終わる。始まりと終わりの連続と断絶。つまり、三種類の円環は、円環が連続しているのだろうと予想しがちなわたしの予定調和的な眼差しを少しだけ脱臼させる。

矩形や3分の2の円環は壁に即し、壁に沿いながら、壁からわずかにずれている。黄色い円板は壁に密着している。
にもかかわらず、見る者の位置や円環、矩形などとの関係で、光を反射して微妙に揺れて動いて壁から漂いだす。
物は空中や床、壁などのどこかに置かれざるをえない。
「うちまわり」は壁に沿って置かれていながら、壁からわずかにずれて、浮きだしている。

壁が呼吸しているのか。
矩形や円環が脈打っているのだろうか。
黄色い円板が吐息をもらすはずはないのに。
壁とこのうえなくクリヤーな矩形と円環、円板は不規則な律動と、途切れて捩じれる連続性のなかで揺れて動いて漂っている。

物が物のままで物ではない視覚性に変貌していく。そのとき、それまで見えなかった空虚な空間が見えてくる。
見ることの醍醐味を深く経験させずにはおかない。

牛膓達夫 うちまわり marukaku
(早見 堯)
このテキストは次の展覧会から取材しました。

「αMプロジェクト2016 トランス/リアル—非実体的美術の可能性 Vol.2 牛膓達夫」キュレーター;梅津元、ギャラリーαM 2016528日~72日。アーティストトーク牛膓×梅津

高木修展 特異な空間へ 栃木県立美術館

「見ることの誘惑」第四十四回
<感覚が研ぎ澄まされると、体が目覚める>

 高木修 「Untitled」 2008年 鉄、エキスパンドメタル 60×165×86cm
 高木修展 特異な空間へ」栃木県立美術館 2016710日〜922日 開催


           高木修 「Untitled2008

上下に二つ断続した隙間をもった楕円形。そこに千鳥状の斜め格子のエキスパンドメタルが三枚「そっと」挿入されている。一つは隙間に架け渡され、もう一つは楕円形の内部に斜めに立てかけられ、三つ目は楕円の外側の床で楕円に沿いながらずれている。

楕円は変幻自在な形だ。見る位置でさまざまに変化する。というよりも、形や物は見る位置で多数多様に変化するのだとあらためて気づかされる。

わたしが立っているのと同じ床に置かれたこの「Untitled」の前では、わたしのまなざしは当然のように、楕円に沿ってゆるやかに動いていく。隙間を通り抜け、架け渡された網目を透過する。まなざしが跳ね返されることはない。
つねに、すでに、ゆるやかにまなざしは受け入れられる。

なんだか不思議なことに、パブロ・ピカソのロープが額縁替わりに巻かれた楕円形の絵画で、籐椅子状に編まれた壁紙が挿入されている「籐椅子のある静物」 (1912)をふと想いおこしてしまった。
ピカソのこの楕円形で見立てられたテーブルは、本来は円だが、それを斜めから見たところだとか、本来こういう楕円のテーブルだとかと、いろいろ想像することが許される。
だが、「本来」の、すなわち物理的な実在の形を知ることはできない。いま、ここに現れている、いかにも仮象(イリュージョン)といった趣のこの楕円だけが見えているものなのだから。
仮象(イリュージョン)の楕円を、物のロープ(シニフィアン)が「絵画」の慣習的な機能としての額縁(シニフィエ)に変貌させ、実際の物である籐模様の壁紙(シニフィアン)が楕円形のテーブルに立てかけられた椅子(シニフィエ)として、テーブルを横切っているかのようだ。
実在と虚構という二項対立のないヴァーチャルな経験、オリジナルのないコピーということになるのだろうか。

               パブロ・ピカソ 「籐椅子のある静物」 1912

楕円はわたし自身が動くことを促す。位置を変えると、あらたな形と光景が開けてくる。「ここ」と「むこう」、「こちら」と「あちら」は、発話者によって指示対象が変化する「わたし」と「あなた」の言葉のシフターのように入れ替わり、しかも交差する。
アラン・レネの映画「去年マリエンバードで」(1961)*注で、複数の人物の記憶が交差したりしなかったりするのを想いださせないだろうか。唯一の事実や普遍的な物はありえない。
「うつつ(現実)」とは異なる、その都度その都度生成される「夢や幻」だけが感覚的な強度をもっているのだ。

この「わたし」と、この「わたし」の前にいる「おまえ」。間主観的な体験としては、「おまえ」の前にいる「御前」としてのこの「わたし」。

いずれにしても、日本人の主体の感覚は場所の、すなわち位置関係の感覚だという意味のことを述べたのは吉田健一だった。

Untitled」では、金属材料の物としての実在感は極度に希薄になり、「わたし」がまなざす視野が強度を高めて現れてくる。わたしの感覚が鋭くなっていることがわかる。
目の中でいろいろなビジュアルがパノラマのように展開される。ビジュアルが生成消滅を繰り返す目は、わたし自身の体だ。ビジュアルは「わたし」が「ここ」にいることによってつくられる。わたし自身の体に無自覚でいることはできない。

このUntitled」は、別の場所においても成立するが、別の場所に置かれると、栃木県立美術館の会場に置かれているときとは異なる光景となって現れれてくる。ある特定の場所でしか成り立たないというのではなくて、ある特定の場所を、「いま、ここ」の特別な場に変貌させるのだ。

カール・アンドレの彫刻の分類にしたがえば「場」の彫刻といえるような、高木修の、こうした「いま、ここ」のサイトスペシックな作品の性質が「特異な空間」が意味している一部分であることは確かだ。
栃木県立美術館の変化に富んだ場がとてもうまく使われていた。場を特別な空間にする繊細なセンスと表現力を感じないわけにはいかない。


つい最近のことだが、東京、初台、オペラシティの中庭、ポプラの葉叢が風に揺れている光景に出会った。ありふれた光景だ。
葉は微風で翻り、鏡か水面かと見紛うような光が反射する葉裏を見せる。重なり合った葉の間からボロフスキーの「チャタリングマン」の、金属の表面に反射した光がキラキラざわめいている。束の間の光景は次々と移り変わっていく。
・・・、世界は、なんて、光に満ちあふれれているのだろう・・・、とかと、思ったかもしれない。
シスレーやモネが経験して、絵画で「現実化」したエフェメラ(束の間)のキラキラ感を見せる葉叢やさざ波の川面は、オペラシティでのわたしのポプラ体験に似ているのではないだろうか。
わたしが、いま、こうして、ここにいて現れてくる光景。それは、わたしの目、すなわち体の内部に出現する出来事なのだ。わたしの体が在るからもたらされるのだ。
ジョナサン・クレーリーの「近代化する視覚」で引用されていた「生産する身体」とは、このことだったのだろうか。

そう思いながら高木修展の展示会場を巡って、自分自身の体への意識が高まってくると、この「Untitled」はスケールの点からも、人体が床に横たわったり、立ち上がろうとしていたり、あるいは腕や脚を動かしているのではと錯覚しそうになる。
内触覚的な身体感覚さえ刺激するのである。

ミニマル・アート系のロバート・モリスやリチャード・セラ、そして「もの派」系の菅木志雄などとは異質なテイストの経験だということを確認しておくことはとても重要だ。
(はやみ たかし)

*注 記憶に深く残されてしまった不思議な映画「去年マリエンバードで」をモチーフにして、映画にでた女優デルフィーヌ・セイリッグ、エルズワース・ケリーとアメリカの1950年代に青春だったアーティストなどをめぐるエッセイをかつて書いたことがある。


高木修展 特異な空間へ(宇都宮市 栃木県立美術館 2016710日〜922)から取材しました。